whats new

  • RSS
休診のお知らせ
11月18日(金)は休診となります。

何卒ご了承ください。

オアーズマン・クリニックのご案内

診療案内に「オアーズマン・クリニック」を追加いたしました。
肉体面、精神面、技術面でお悩みのボート競技者はぜひご覧になってください。

※当院のブログもぜひご覧下さい!

本日のブログ体のだるさは早めに治療しましょう」を掲載しました。是非ご覧ください!

◇お知らせ◇

★只今インターネットを見てご来院の方は初診料2000円を無料とさせて頂いております!
◇骨盤矯正無料相談会◇木・土・日を除く12:00から15:00までお電話にて受付中です!
※さらに、ご希望の方は心を楽に開放して日々を暮らすための秘訣が書かれた
春秋社より出版されている大徳寺昭輝氏の書籍「kokoro」(1600円相当)をプレゼントいたします!

※もう一つの当院のブログ「Jisseki.net」では体験談やよくある質問などをご紹介しています!

IUGブログ:整体・耳つぼダイエットの川口市の整体院

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >>
2010.02.17  冷え性と肥満の関係

少し前に「体温が一度下がると免疫力が30%も低下する」という
本の宣伝を良く見かけました。

冷え性の方は体の血液やリンパ液の循環が悪くなりやすく、
免疫力が低下して、頻繁に体調を崩したり、
病気がなかなか治らないという状態になります。

また、体温が低いと体の代謝力が下がり、内臓脂肪の燃焼が
進まずに太りやすい体質になります。


 

 
%E5%86%B7%E3%81%88%E3%81%A8%E8%82%A5%E6%BA%80.jpg


色々なダイエットをしてもなかなか体重が落ちないという方は、
冷え性や低体温が関係しているかもしれません。

当院のダイエットに対する考え方としては、
まず冷え性などの体質を改善する所から始めます。
それは目標の体重や体型を維持するために
土台である体質を改善する必要があるからです。

良く雑誌やテレビで1カ月に何Kg痩せたという広告を
見ることがあると思いますが、
即効性のあるものは、それだけリバウンドしやすくなり、
精神的にも大きな負担になります。

元の体質を改善すれば精神的な負担を感じることなく、
自然に痩せた状態を維持できるようになるのです。

 

今日はこの時期ご自分でできる体を温める食事法をご紹介します。

まず、野菜や果物を生や冷たい状態で食べると体を冷やすので、
煮たり、焼いたり、炒めたり、蒸したりと、加熱して
温かい物を食べるようにしましょう。

また、ショウガやネギ、大根、ニラなどの薬味は血行を促進する
作用があるので、鍋やお味噌汁に入れると良いですよ。

また、良く噛んで食べると少量で満腹感が得られやすく、
食べ過ぎの防止になります。

冷え性体質にさらに食べ過ぎが重なると悪循環の元になるので
腹八分で留めましょう。
 




整体・カイロプラクティック・骨盤矯正・耳つぼダイエット・鍼灸は
川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ!

http://www.iug.jp/ 
http://iug.jisseki.net/ 

投稿者 リフレッシュハウスIUG | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2010.02.16  冬太りと五感による食欲

冬太りという言葉を聞いたことがありますか?
冬になると体は寒さに対して体温を一定に保とうと働きます。

その結果エネルギー消費量自体は上がるのですが、
体温を上げるためのエネルギーは消費しても、筋肉による熱の
発散を抑制するので、痩せやすい状態になるわけではありません。

 

 
%E5%86%AC%E5%A4%AA%E3%82%8A%E3%81%A8%E4%BA%94%E6%84%9F.jpg


また、気温の低い状況では、本能的に食欲が増して
エネルギーを蓄積しようと脳が命令を出します。

そのために冬太りということが起こりやすくなります。

それから、食欲といっても2種類あります。

まず、本能的に食欲を感じる場合です。
これは生命を維持するために熱量が不足してくると感じる
空腹感です。

そして、精神的に食欲を感じる場合ですが、
これは視覚、嗅覚、味覚、聴覚触覚などいわゆる
五感から刺激を受けて感じる場合です。

 

熱量不足によって空腹を感じる場合は体の正常な働き
なので、我慢をすると体に良くありませんが、

五感の刺激による精神的な食欲は食べ過ぎの元になります。
空腹を感じたら、本当に必要な食欲か、
五感が刺激されて感じたものなのか、良く考えて食べましょう。
 

 
整体・カイロプラクティック・骨盤矯正・耳つぼダイエット・鍼灸は
川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ!

http://www.iug.jp/ 
http://iug.jisseki.net/  

投稿者 リフレッシュハウスIUG | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2010.01.07  冷え性と室温の関係

冷え性は前回ご紹介したように単に体が冷えるだけでなく、
生理痛、下痢、便秘、肩こり、頭痛、免疫力の低下など
様々な影響を及ぼします。

冷え性の原因は室温も関係します。
昔の家屋は十分な暖房設備がなかったので、スキマ風が
吹き込み寒かったのですが、

今は暖房設備が普及し、家の中は常に一定の温度になりました。
しかし、冷え性は逆に増えてきました。

これはなぜでしょうか?

 

 

 

%E5%AE%A4%E6%B8%A9%E3%81%A8%E5%86%B7%E3%81%88.jpg

 


これは室温が高いと室内と屋外の温度の差によって
自律神経が乱れ、寒冷に対する抵抗力が弱くなったからです。


冬の室内温度は高くても22度以下が効率よく動ける
室温と言われます。

冷え性対策として、室温を上げ過ぎず、
上着を重ね着するなどして調節しましょう。

 

また、皮下脂肪が多いと体は冷えやすくなります。
脂肪は体の内側の熱を逃がさない働きがありますが、

体が冷えるとなかなか暖まらないという性質があります。

また、脂肪が厚くなるほど血液循環も悪くなってしまいます。

冷え性改善のためにもダイエットをして余分な脂肪を燃焼させましょう。


 

整体・カイロプラクティック・骨盤矯正・耳つぼダイエット・鍼灸は
川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ!

http://www.iug.jp/ 
http://iug.jisseki.net/ 

投稿者 リフレッシュハウスIUG | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2009.11.06  健康がダイエット成功の元

ダイエットをしていて、摂取カロリーを減らしても
なかなかやせないという話を良く聴きます。
 

 
%E9%96%93%E9%81%95%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%83%E3%83%88.jpg


良くいわれるカロリーというのは「水1gを1度上げるのに
必要な熱量」
のことで、実験室の中で食品を燃やして
計算された熱量です。

人間は熱を生み出すには体内の細胞で食品を燃やして
エネルギーを作りますが、そのためには車のガソリンのように
ビタミンやミネラルなどの要素が必要です。
 

つまり、効果的に、健康的にやせるためには
ビタミンやミネラルなど必要な栄養素をきちんととらなければ
体の脂肪などが燃焼されません。
 
 

また、良く、肥満は遺伝するといわれることがありますが、
基礎代謝の多い、少ないは遺伝するといわれます。

大体肥満は3、4割が遺伝、残りは環境といわれます。

食事の内容や運動する習慣などによって、
一緒に生活している家族に似てくることはあります。

しかし、家族が太っているからといっても、
運動や食事などの生活習慣を見直せば太りません。

また、診察していると生活習慣によって太ってしまった方は、全員といっても
いいくらい体のバランスが崩れています。
その場合、骨盤矯正や整体によって体のバランスを調整することで
血流が促進されて体の基礎代謝も上がります。

ダイエットを機会にして、ご自分の健康状態を見直されては
いかがでしょうか?
 

骨盤矯正・耳つぼダイエット・整体・カイロプラクティック・鍼灸は
川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ!
http://www.iug.jp/
 
http://iug.jisseki.net/

投稿者 リフレッシュハウスIUG | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2009.10.30  セロトニンを増やして食欲をコントロール

食べている時、お腹が一杯になって満腹感を感じるのは
胃ではなくて、脳なのです。 

脳内には、食欲をコントロールする「セロトニン」という物質があります。
このセロトニンは他にもストレスで緊張したり、興奮した状態などから心を
落ち着かせ、安定させる働きがあります。

セロトニンが精神的ストレスで減少するといくら食べても満足感が得られないので食欲が増進し、ダイエットがうまくいかなくなります。

逆にセロトニンが脳内で増加すると、精神が安定し、満腹感や満足感が増して
必要以上に食べ過ぎることを防ぎます。

 
j0407403.jpg


セロトニンを増やすのは一定のリズムで外側から刺激するといいます。
ストレスが溜まると無意識にやってしまう貧乏ゆすりは、
無意識にリズムをとってセロトニンを分泌させ、ストレスに対抗しようと
している行動と言います。

運動でセロトニンを増やす方法としては、一定のリズムで行う
ウォーキングやジョギングが効果的です。

これらの運動を始めると約15分程度でベータエンドルフィンという
ホルモンが出て、その後セロトニンが分泌されると言います。

ダイエット中にかかわらず、イライラしたり、ストレスを感じたら、
近所をジョギングしたり、ウォーキングをすると良いですよ。

他にも夜寝る前にホットミルクを飲むことでセロトニンが増加します。
牛乳に含まれる「トリプトファン」というアミノ酸は
セロトニンの原料と言われています。

また、良く噛むことでセロトニンの分泌量が増えるといわれています。
ゆっくり良く噛むことで、消化も良くなり満腹感も得られるので、
食べ過ぎの防止になります。
 

耳つぼダイエットは耳にある食欲、消化、ホルモンと関連するツボを刺激して、
脳の中枢へ刺激をつたえて、ストレスなくダイエットを成功させるダイエット法です。

今日ご紹介したセロトニンを増やす方法と併せてお試しいただくと、
短期間で効果が発揮されますよ。


整体・鍼灸・カイロ・骨盤矯正・耳つぼダイエットは
川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ!

http://www.iug.jp/
http://iug.jisseki.net/ 

投稿者 リフレッシュハウスIUG | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >>