whats new

  • RSS
休診のお知らせ
2018年9月1日〜4日までは休診となります。 何卒ご了承ください。
休診のお知らせ
7月18日、7月20日夕刻から29日までは休診となります。

何卒ご了承ください。

オアーズマン・クリニックのご案内

診療案内に「オアーズマン・クリニック」を追加いたしました。
肉体面、精神面、技術面でお悩みのボート競技者はぜひご覧になってください。

※当院のブログもぜひご覧下さい!

本日のブログ体のだるさは早めに治療しましょう」を掲載しました。是非ご覧ください!

◇お知らせ◇

★只今インターネットを見てご来院の方は初診料2000円を無料とさせて頂いております!
◇骨盤矯正無料相談会◇木・土・日を除く12:00から15:00までお電話にて受付中です!
※さらに、ご希望の方は心を楽に開放して日々を暮らすための秘訣が書かれた
春秋社より出版されている大徳寺昭輝氏の書籍「kokoro」(1600円相当)をプレゼントいたします!

※もう一つの当院のブログ「Jisseki.net」では体験談やよくある質問などをご紹介しています!

IUGブログ:整体・耳つぼダイエットの川口市の整体院

<< 1  2  3  4  5 >>
2009.12.10  肌が乾燥しやすい方へ

日中は暖かい日が続きます。
今年も暖冬のようですね。

今日も朝晩は少し冷え込みますが、日中は温かく、気候は穏やかです。
明日は雨が降るようですが、空気は乾燥していますね。

空気が乾燥すると乾燥肌や手荒れが気になります。

乾燥肌や手荒れをそのままにしておくとかゆくなったり、
湿疹などになって悪化してしまいます。

肌は常に外部の刺激にさらされていますが、
冬は1年を通して最も空気が乾燥します。

また、職場や家庭内で暖房を使うので
さらに乾燥しやすい状況におかれています。

それだけでなく、冬は気温が下がって汗をかく機会が減って
肌の潤いが無くなってきます。

乾燥を防ぐために、保湿クリームなどを使いながら、
以下のことに気をつけ、乾燥から肌を守りましょう。

・乾燥している時は、加湿器も設置する
(加湿器がなければ、お湯を沸かしたり、鍋料理をすると良いですよ)

・濡れた体はしっかり水分をふき取る
(水分が蒸発する際、肌の水分も奪われます)

・水仕事などの前後に保湿クリームを塗る
(乾燥しやすい方は小まめに保湿しましょう)

・刺激の強い物やアルコールを避ける
(刺激の強いものは肌にも良くありません)

・衣類は化繊など肌を刺激する素材を避ける
(木綿などの天然素材にしましょう)

 
整体・カイロプラクティック・骨盤矯正・耳つぼダイエット・鍼灸は
川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ!
http://www.iug.jp/ 
http://iug.jisseki.net/ 

投稿者 リフレッシュハウスIUG | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2009.12.09  なかなか眠れない方へ

皆さんの中には夜遅くまで仕事をしている方もたくさん
いらっしゃると思います。

遅くまで仕事をしていると、気持ちが昂ぶったり、
精神的ストレスなどでなかなか眠れない方も多いのではないかと
思います。

  %E3%81%AA%E3%81%8B%E3%81%AA%E3%81%8B%E5%AF%9D%E4%BB%98%E3%81%91%E3%81%AA%E3%81%84.jpg

 
先日は徹夜するよりもしっかり疲れを取る方が
作業の効率は上がるとお話ししました。

今日はなかなか寝付けない方のために、
眠りやすい方法をいくつかご紹介します。

・寝る前
眠れない理由で1番多いのは精神的ストレスです。
寝る予定の1時間前にはできるだけリラックスする時間を過ごしましょう。
テレビやパソコン、携帯電話の画面は眠気を
減らしてしまうので、できるだけ避けましょう。

・寝室
朝晩冷え込むこの時期は、室温を15度から25度にしましょう。
布団の中と部屋の温度差が大きいとトイレなどで
夜中に起きた時に心筋梗塞や脳卒中のリスクが高まります。
照明は豆電球位にしましょう。

・眠れない時
布団に入ってから考え事をするとは眠れなくなる元です。

布団に入って30分経っても眠れないときは、
無理に寝ようとせずにできれば他の部屋に行って
リラックスできることをしながら自然に眠たくなるのを待ちましょう。

翌朝は寝坊せずにいつもの時間に起きるようにすると、
夜には寝付きやすくなりますよ。
 

 
整体・カイロプラクティック・骨盤矯正・耳つぼダイエット・鍼灸は
川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ!
http://www.iug.jp/ 
http://iug.jisseki.net/  

投稿者 リフレッシュハウスIUG | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2009.12.08  短時間睡眠の害

12月は師走と言われるように、様々な状況で忙しく
過ごされている方が多くいらっしゃると思います。

現代は仕事が忙しく、眠る時間を削っている方が多くいらっしゃいます。
 

 
%E7%9F%AD%E6%99%82%E9%96%93%E7%9D%A1%E7%9C%A0%E3%81%AE%E5%AE%B3.jpg

 


睡眠時間の理想は7時間から8時間と言われます。
時間外の労働が増えると睡眠時間も短くなり、
睡眠時間が5時間以下の人は睡眠時間が7時間以上の人に比べ
糖尿病の発症リスクが2.5倍、睡眠時間が6時間で1.6倍に上がります。

また、徹夜をすると翌日の血圧が1日中10mmhgも高いままになると
いわれます。
元々高血圧の方は気をつけなければいけませんね。

また、睡眠不足は精神状態にも影響を与えます。
多くの場合、不眠症はうつ症状を伴い、うつ病は不眠を伴います。

朝目覚めてから13時間経つと作業能率が低下し始めます。
17時間以上起きていると作業能率は
血中のアルコール濃度が0.05%になっている状態と同じレベルに
なります。
これは車の運転であれば、酒気帯び運転と判定されるレベルです。
 
 

寝不足が続くと眠い状態が続き、居眠りが増えて
ミスも多くなってきます。

これでは作業の効率は上がりませんね。

ミスを減らして効率をあげるなら、しっかり寝て疲れを取って
頭も体をスッキリさせることが大切です。

 


整体・カイロプラクティック・骨盤矯正・耳つぼダイエット・鍼灸は
川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ!

http://www.iug.jp/
 
http://iug.jisseki.net/ 

投稿者 リフレッシュハウスIUG | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2009.12.07  川口市民マラソンにて(鍼灸マッサージ・ケアテント)

平成7年に私が埼玉県鍼灸師会川口支部長時代に、川口の地域医療に携わる一員として何か地元に貢献できるものがないかという思いから発案し、
川口市の支部員の先生方の協力の元、始めさせていただきました。

このボランティアも、15年を迎えることになりました。

年々マラソンの参加者も増え、始めた当初は参加者が1000人ほどでしたが、
この28回大会では8321人というマンモスシティマラソンになっています。

 

 

  
  %E5%B7%9D%E5%8F%A3%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%82%BD%E3%83%B31.JPG
走る前、走った後のランナーのケアをさせていただきました
 
  %E5%B7%9D%E5%8F%A3%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%82%BD%E3%83%B32.JPG  
競技場が一杯になるほどたくさんの方が参加しました

施術に来られる方も、当初は50から60人ほどでしたが、
今は150人を超える方が鍼灸、マッサージのボディケアを求め
このランナーズ・ケアテントに来られます。

毎年顔なじみの方も増え、コンビニのCMではありませんが、
「開いてて良かった!」と、冗談を飛ばすランナーの方もいらっしゃいます。

訪れる方のほとんどは下肢の痛みや腰痛あるいは肩こりの
方がほとんどですが、体のバランスをチェックしてほしいという方や、
セルフケアによる体操法などのアドバイスを求めてくる方もいらっしゃいます。

我々の活動によって、ランナーの方々が少しでも気持ち良く
走るためのお手伝いができればと思っています。

これからも継続して活動させていただきたいと思っています。

ブログを見ていただいた方で、ご意見やアドバイスなどございましたら
メールでご連絡いただければと思います!

%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%82%BD%E3%83%B3%E5%8F%82%E5%8A%A01%E5%9B%9E%E7%9B%AE.jpg
平成7年に新聞で取り上げられた記事です
クリックで拡大します

 

整体・カイロプラクティック・骨盤矯正・耳つぼダイエット・鍼灸は
川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ!

http://www.iug.jp/
 
http://iug.jisseki.net/  

投稿者 リフレッシュハウスIUG | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2009.12.05  腰に負担をかけない座り方

寒くなってくると腰痛に気をつけたいですね。
普段床に座る際には腰痛予防のために気をつけたい点をお話しいたします。

女性の方の横座りは楽な姿勢のように見えますが、
腰椎が傾いて腰に負担がかかってしまいます。

あぐらや立て膝も同じことがいえます。

座り方として一番良いのは正座です。

正座はお腹に適度な張りを持たせ、
左右均等に体重をかけて座ることができます。

 

  %E8%85%B0%E7%97%9B%E5%BA%A7%E3%82%8A%E6%96%B9.jpg

しかし、膝が悪い方は無理に正座をすると悪化するので、
膝が弱い方や正座が苦手な方は
市販の正座を補助する椅子を使ってみましょう。
 

整体・カイロプラクティック・骨盤矯正・耳つぼダイエット・鍼灸は
川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ!

http://www.iug.jp/
 
http://iug.jisseki.net/ 

投稿者 リフレッシュハウスIUG | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
<< 1  2  3  4  5 >>