whats new

  • RSS
休診のお知らせ
11月23日午後、29日は休診となります。

何卒ご了承ください。

オアーズマン・クリニックのご案内

診療案内に「オアーズマン・クリニック」を追加いたしました。
肉体面、精神面、技術面でお悩みのボート競技者はぜひご覧になってください。

※当院のブログもぜひご覧下さい!

本日のブログ体のだるさは早めに治療しましょう」を掲載しました。是非ご覧ください!

◇お知らせ◇

★只今インターネットを見てご来院の方は初診料2000円を無料とさせて頂いております!
◇骨盤矯正無料相談会◇木・土・日を除く12:00から15:00までお電話にて受付中です!
※さらに、ご希望の方は心を楽に開放して日々を暮らすための秘訣が書かれた
春秋社より出版されている大徳寺昭輝氏の書籍「kokoro」(1600円相当)をプレゼントいたします!

※もう一つの当院のブログ「Jisseki.net」では体験談やよくある質問などをご紹介しています!

IUGブログ:整体・耳つぼダイエットの川口市の整体院

1  2  3  4  5 >>
2009.06.30  高血圧とカルシウム不足

高血圧は様々な病気の原因になります。
高血圧は塩分(ナトリウム)の摂りすぎが主な原因とされます。

塩分過多になると、のどが渇くので、水分を沢山とります。
水分を沢山とると血液量が増えます。
その結果、血管壁にかかる圧力が上昇して高血圧になります。

また、それだけでなく、塩分を多くとるとカルシウムが体外へ排出され、
カルシウム不足に陥りやすくなり、さらに高血圧になります。

高血圧の予防や改善のためには、塩分の量だけでなく、カルシウム不足
にも注意が必要です。
さらに血液中にカルシウム量が増えると血管壁が硬くなり、
動脈硬化や血管が傷つきやすくなります。

血管の内側に傷ができるとそこにコレステロール等が付着して
血流が悪くなって血管そのものがもろくなるのです。

また、自律神経やホルモンバランス、肥満、ストレスや遺伝なども
高血圧の要因になります。

 

 


これらの症状がある時は、カルシウム不足の疑いがあります。

1.まぶたがけいれんする
2.運動していないのに足がつる
3.物忘れを良くする
4.イライラする

1と2はカルシウム不足による筋肉活動の低下によります。
3と4は脳の神経細胞の働きが低下することによります。

たとえば良くカルシウム不足はイライラするといいますが、
カルシウム不足は脳の血液中のカルシウム濃度を高めます。
そうすると脳の神経細胞の働きが悪くなり、イライラするようになります。

 

 

 

カルシウムは日本人に不足している栄養素です。
カルシウムの不足は高血圧だけでなく、骨粗鬆症など骨に関する
病気になりやすいので、小魚や牛乳を意識してとりましょう。

整体・骨盤矯正・鍼灸・カイロプラクティック・耳つぼダイエットは
川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ!
http://www.iug.jp/

投稿者 リフレッシュハウスIUG | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2009.06.29  色が病気に与える効果

色は身体や心に色々な影響を与えるという
お話をしてきました。
色で病気が治るわけではありませんが、
色彩を心理療法として取り入れて、医療と併せて使っているところも
あります。

今日は病気に対する色の心理的作用をご紹介します。


は頭痛を和らげたり、胸やけを抑える効果があります。
また、草原や新緑をイメージさせる色なので、
目に休息を与える色でもあります。

は寒色系で熱を下げる効果があります。
インフルエンザ、高血圧、下痢などの病気の薬の色は青が使われる
事が多いといいます。

 

オレンジ色は成長ホルモンの分泌を促す効果があり、
子供服や子供部屋に使うと良いそうです。
また、食欲がわく色なのでレストランでよく使われます。

また、オレンジ色は暖色系で活動的なイメージの色なので、
低血圧やうつ病の治療として取り入れられることもあります。

 

ピンクは女性ホルモンを活発にするので、老化防止になります。
冷え性には赤が効果的です。
寒い日は赤い靴下をはくと足が暖かくなります。

リラックスしたいときに効果的なのはベージュです。
肌の色に近く、刺激がないので筋肉の緊張が和らぎます。
 


整体・カイロプラクティック・耳つぼダイエット・骨盤矯正・鍼灸は
川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ!
http://www.iug.jp/

投稿者 リフレッシュハウスIUG | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2009.06.27  色が与える体への影響

視覚に入る情報のうち、色に関する情報が80%以上を占めると
言われ、色は心と体に大きな影響を与えます。

色を日常の中で効果的に使えば、心も体も元気に
過ごすことができますよ。

 

ピンクはアドレナリンの分泌を抑え、心や体の働きを
リラックスさせる作用があると言われています。

は興奮を抑える鎮静作用があります。
血圧を下げたり、脈拍を少なくして体温を下げる作用があります。
また、副交感神経を刺激して、汗を抑える効果もあります。
眠れない時や疲れている時は、青い色をまわりに取り入れると良いでしょう。


はアドレナリンの分泌を増やし、血圧を高めて心拍数を上げる作用があります。
新陳代謝を活発にする作用があります。
元気やエネルギーが出る色なので、スポーツや積極的に行動する時に使うと効果的です。


は傷ついた心に働きかけます。
紫色を好む場合は、活動力が低下している時と言われますが、
同時に立ち直ろうとする意思の現れでもあります。
 

このように自分の心や体の状態に合わせて色々な色を身の回りに置くことで
良い効果が得られます。


整体・カイロプラクティック・骨盤矯正・鍼灸・耳つぼダイエットは
川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ!
http://www.iug.jp/blog/

投稿者 リフレッシュハウスIUG | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2009.06.26  色が与える心と体への影響

色には様々な精神的な効果を与えます。
これから数回にわたって色が与える身体と心への影響を
ご紹介します。

は実際の温度よりも暖かく感じ、
は冷たく感じるという性質があります。

い部屋とい部屋の心理的な温度差は約3度も
違うという実験結果もあります。

この効果を利用して夏と冬のカーテンの色やインテリアの
色を変えるだけで冷暖房機器の負担も軽くなりそうです。

 
また、明るく鮮やかな色ほど軽く、暗く濁った色ほど
逆に重く感じるといいます。
実際に宅配便の段ボールを白色にしたら効率が上がったり、
工場の作業が早くなり、疲れも半減したという事実もあります。

このように、色にちょっとした工夫を加えるだけで、
心理的、身体的にも大きな影響が出てくるから
不思議ですね。
 

整体・耳つぼダイエット・カイロプラクティック・骨盤矯正・鍼灸は
川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ!
http://www.iug.jp/

投稿者 リフレッシュハウスIUG | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2009.06.25  都市部の人ほど歩いている

平成19年度の厚生労働科学研究「都道府県等の生活習慣病リスク因子の
格差及び経年モニタリング手法に関する検討」の中で、

都道府県別の肥満者の割合と一日の歩行数(20歳以上)を
調査した結果、

一日の歩行数を都道府県別にみると
男性が
(1)神奈川県8371.5歩、
(2)兵庫県  8281.2歩、
(3)東京都  8237.8歩、
(4)宮崎県  8168.2歩、
(5)大阪府  8132.1歩、

女性が
(1)高知県  7777.5歩、
(2)兵庫県  7499.8歩、
(3)神奈川県7371.4歩、
(4)大阪府  7359.7歩、
(5)東京都  7235.6歩となっていました。
  

 

歩行数が少ない順では、男性が
(1)高知県  6173.1歩、
(2)山形県  6207.2歩、
(3)徳島県  6217.7歩、
(4)愛媛県  6369.1歩、
(5)青森県  6391.4歩、

女性が
(1)山形県  5214.8歩、
(2)和歌山県5842.4歩、
(3)岩手県  6005.7歩、
(4)奈良県  6037.8歩、
(5)青森県  6096.1歩となっていました。


肥満者の割合では、
男性(20歳から69歳)は
(1)沖縄県  46.7%、
(2)岩手県  41.2%、
(3)北海道  37.5%、
(4)茨城県   36.9%、
(5)徳島県  36.3%、
女性(40歳から69歳)は
(1)沖縄県  39.4%、
(2)福島県  38.2%、
(3)秋田県  37.9%、
(4)岩手県  37.2%、
(5)宮城県  35.5%となっていました。


このデータを見ると都市部の方が身体を動かす機会が少なく、
肥満者が多いイメージがありますが、実際は違うようです。

このデータによると都市部の方が歩いていて、
地方在住の方ほど自動車を利用していることが分かります。
移動先は距離があるので、歩くよりも自動車を使うことの方が多いため、
歩行数が少なくなるようです。
 
 

歩行数の少ない都道府県と肥満者の割合が高い都道府県は
必ずしも一致しているわけではありませんが、
地方では肥満者が多く、歩行数の多い都市部では肥満者の割合が
30%を超えるところがないため、都市部では肥満者が
少ないことが分かります。

当院に来院される患者さんでも、移動手段で自動車を使うことが多く、
歩くことが少ないという方が結構いらっしゃいます。
歩くことは血液が抹消まで行き渡り、エネルギーも消費されるので、
肥満の予防、解消に効果的な最も身近な運動と言えます。
  


整体・カイロプラクティック・骨盤矯正・鍼灸・耳つぼダイエットは
川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ!
http://www.iug.jp/

投稿者 リフレッシュハウスIUG | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
1  2  3  4  5 >>